30代で実家ぐらし、仕事が続かない男の日々(あぎるブログ)

1985年生まれの34歳。働けない、稼げない、人と接するのがつらい。noteで日記を公開している→https://goo.gl/Jrkznz

お金

労働は生きるエネルギーを奪う

僕は、ひなたぼっこさえできれば幸せなのだ。 お日様はあたたかい。風は心地よい。空も草花も美しい。食べ物は安価で買える。インターネットには無料の文章や動画があふれている。図書館に行けば無料で無限に本が読める。現代日本はなんて恵まれているんだ。…

さすらいのひきこもり

僕がよく行くコンビニのイートインは2階にある。店で買った商品を飲食するためのスペースだが、夕方に行くと中高生の自習室みたいになっている。商品を買ったのか買っていないのかはわからない。パソコンをカタカタ打っているスーツ姿の男性もいる。 店員が…

お金がなくて遠くに行けない劣等感と向き合う

僕はお金を稼ぐことができない。だから遠くに行けない。電車に乗るお金、バスに乗るお金を用意することができないからだ。 徒歩や自転車でも体力があれば遠くまで行ける。でも僕の体は虚弱だし、鍛えたくもない(生きるのに必要な体力は保ちたいが、何十キロ…

ひきこもりと大回り乗車

働きたくない。 でも働かないとお金が得られない。お金が得られないと、持っているお金がどんどん減っていく。今お金を持っていても、次にお金が入るあてがないと、できるだけ使いたくないという考えになる。 すると家でひきこもるようになる。外に出るとお…

不適応者がチェーン店を使ってしまう問題

マクドナルドは安い。100円の飲み物を頼めば席が確保できる。そして深夜も営業している。貧乏で昼夜逆転しているひきこもりの僕には、ありがたい商業施設だ。 しかし不適応者がマクドナルドを利用することは、巡り巡って自分の首を絞めることになるのではな…

僕が不適応者のロールモデルになる

どうしても雇われ労働をしたくない。あまりにもしたくないために応募ができない。 雇われ労働が無理なら、それ以外で稼ぐしかない。何をやればいいのかはわからない。ただ雇われ労働でないことだけは確かだ。決められた時間に決められた場所に行き、決められ…

ブログを気軽に更新していきたい

ブログの更新頻度がめっきり減ってしまった。これではいけない。元々僕はお金を稼ぐために書き始めた。ポジ熊さん(はてなブロガー)の記事に触発されたのだった。貧乏から抜け出したいなら、その思いをブログに書いて収益をあげようという内容だった。 元々…

バイトを1日で辞めた

バイトを1日で辞めた。今からその顛末を書いていく。 11月13日 アルバイトの求人に応募した。働きたくなかったが、親にお金を借りることがしんどくなってきたのだ。ポスティングを辞めたのが4月15日だから、無職期間は7ヶ月に及んでいた。 選んだのは運送会…

僕は挨拶恐怖症

来週から労働することになった。 今日はその手続きのために職場に行く。集合時間は17時。もう遅刻してしまいそうだ。急いでマンションの階段を降りる。 下の方から人が来る気配がする。マンション内で人に会ったら挨拶しないといけない。僕は挨拶が大の苦手…

人と接するのが苦手だからこそ、イベントを主催していく

もくもく会というイベントを主催した。 喫茶店などに集まって、一人ひとりが別々の作業をするだけの会だ。phaさんが始めた会で、今では日本各地でおこなわれている。 無職、ニート、仕事が続かない、イヤなことを我慢できない、非正規、不登校、夜型人間、神…

大学には行ったほうがいい(働きたくない人は特に)

※この記事は特に高校生に読んでほしい。とりわけ働きたくない人。 「大学には行かないほうがいい」という話がツイッターで話題になった。でも僕は行ったほうがいいと思っている。 僕の高校時代は暗かった。集団生活がつらくて不登校になり、一人で勉強できる…

雇われて働くのは、もうイヤだ

労働が苦役でなかったことがある。2016年の夏だった。僕はデータ入力の仕事に就き、週5で7時間働いた。期間は短期で1ヶ月半。 水分補給自由、アメを舐めてもいい、雑談も可というゆるい職場だった。トイレは申告制だったが、僕は職場の上の人に掛け合って、…

無職と会社員の対話

これは30過ぎても定職に就かず、親のすねをかじって暮らす男と、その友人との対話である。友人は会社に勤めている。 *** 「久しぶりだね。今は何をしてるの?」 「何もしてない」 「ポスティングは?」 「やめた」 「無職か」 「無職だ」 「どうして働か…

真面目では生き残れない

タウンワークを見ていたらデータ入力の仕事があった。時給1500円、11月末まで、週3日5時間から可。 これなら働けるのではないかと思った。データ入力の経験は何度かある。 それでも迷うのは、働きたくないからだ。働いて何になる。時給1500円で週3日・5時間…

お金がないので徒歩旅行

お金はないし体調も悪い。 でも歩くのはタダだし、夜中は少し調子がいい。それで徒歩旅行に出ようと思った。行き先は、8キロ先にある隣の市。 具体的には西武新宿線・新所沢駅から西武池袋線・入間市駅まで。およそ8キロ。 深夜2時過ぎに出発。同時にツイキ…

働けないけど実家から出たい

実家から出たい。 でも働けないし稼げない。どうしたらいいのだろうか。 *** 実家暮らしは楽だ。食事も風呂も掃除も、みんな親がやってくれる。でもその代償として、あらゆることに口を出される。 腹が減ったので台所に行くと、居間でテレビを観ていた母…

楽しく生きる方法

最近「ツイキャス」で自分のおしゃべりを配信することにハマっている。えらいてんちょうさんのラジオ(えらてんラジヲ)を愛聴しているうちに、自分でもやってみたくなって始めた。配信後にはYouTubeに転載している。 僕に話すことなどあるだろうかと思って…

生きることと書くこと

社会不適合者界隈で有名な、えらいてんちょう氏のツイートに興味を惹かれた。 面白くないのに無職で生きていくには資産活用か生活保護です。しょぼい何かで生きていくためには自分の適性を見極める必要があります。何せよ、自分がどんなことにストレスを感じ…

親との同居は無理がある

32歳の今まで実家から出たことがない。年収は65万が最高。一貫して親と同居し、親に養われ続けている。 そんな僕が言うのも何だが、大人になったら親と同居すべきではないと思う。遅くとも30歳になる前には実家を出た方がいい。親との同居期間が長引くほど、…

この街にやんわりと縛り付けられている

7時に目が覚める。もう起きてしまおうか。でも別にすべきこともない。したいこともない。冬の朝は寒い。10時や11時になれば暖かくなるので、それまで寝ていよう。 次に目が覚めたら12時だった。もう日暮れまで4時間しかない。 最近はこんなことばかりだ。深…

働けないんだから仕方ない

(新宿・靖国通り) 僕の住む街、新所沢は静かで過ごしやすい。だが繁華街好きには退屈だ。だから僕は週に3度も4度も都内に出て遊んでいる。買い物も飲食もせず、ひたすら歩くだけだから、交通費さえあればいい。 ところが、今月は物入りで、もはやそれさえ…

何とか生きている

この先、どう生きていったらいいのだろう。32歳で月収1万5000円。実家ぐらしで、家には一銭も入れず、親に養われている。親は60代半ば。まだ働いている。 実家は分譲マンションで、築年数は約20年。マンションは30~40年で建て替えになることも多いという。…

正社員になりたくない

正社員になったら週に5日、8時間以上、働かないといけない。 かなり厳しいが、これができれば月収10万以上になる。年収は120万円を超える。ただし現代日本では、年収200万円でも「ワーキングプア」と言われ、月収16万円以上でも「貧困層」になる。 僕は今32…

ほぼ働かない30男の一週間

(夕方に起きる日々である) チラシを配る仕事(ポスティング)をしている。 組むのと配るのとで、1回4時間ほど。週に2度やっているので、合計で週8時間。これ以外の仕事はしていない。 ヒマすぎると思われるだろう。実際ヒマだ。 ロシア民謡に「一週間」(…

新所沢で一人暮らしをする計画

僕は実家ぐらし。最寄り駅は西武新宿線の新所沢駅。 この街の記事は以前書いた。今回はそのアップデート版である。 新所沢のメインは駅西口だ。パルコにツタヤにネットカフェ。楽しいものはみんな西口にある。 (楽しい西口) 一方、東口。 西口よりも商店街…

酒と飲み会が嫌いだ

僕は酒が好きではない。嘔吐をイメージしてしまうからだ。 高校1年の頃、通学中に道端で戻しているスーツのおじさんを目撃した。前日に飲みすぎたのだろうか。病気によるものでない。吐いているものが酒なのでわかる。 その他、醜態を晒している酔っぱらいを…

女男男の真ん中っ子2 ~僕だけが実家ぐらしの理由~

(画像は本文とは関係ありません) 本稿は下記の記事を補うもので、小説で言えばサイドストーリーに当たる。 僕の姉と弟は自活している。僕だけが実家ぐらしで親のすねをかじり続けている。理由はある。 まず姉はきょうだいの中でただ1人の女だ。実家には居…

ポスティングと挨拶嫌い

6月某日。ポスティングA社の研修。スタッフが付いてきた。効率的な配り方などを教えてもらい、30分ぐらいで終了。残りはひとりで配った。担当地区は400戸ぐらいで、計2時間半ほどで終えた。以前にメール便を配っていた地域だったから、この程度で済んだ。知…

僕がポスティングの仕事を始めた理由

チラシ配布員に採用された。バイトではなく業務委託、時給ではなく歩合制だ。これで僕も個人事業主。 個人事業主になるのは初めてではない。大学卒業間際に始めたメール便の配達も同じ形態だった。この仕事は3年間続けた。3年で辞めたのは、飽きたのと、もっ…

ポスティングの仕事の面接に行った

先日、ポスティングの仕事の面接に行った。 空は一面、灰色の雲に覆われ、風は湿っていた。30分も早くバスの発着所に着いてしまったので、周囲をウロウロして時間を潰した。雨に濡れた紫陽花がきれいだった。 バスから降りると目の前には畑が広がっていて、…


スポンサードリンク