30代で実家ぐらし、仕事が続かない男の日々

1985年生まれの32歳。働くことが苦痛すぎて耐えられず、無職と短時間労働をくり返す男の日々を綴っていきます。現在は週2でポスティングをやっています。

不適応

何とか生きている

この先、どう生きていったらいいのだろう。32歳で月収1万5000円。実家ぐらしで、家には一銭も入れず、親に養われている。親は60代半ば。まだ働いている。 実家は分譲マンションで、築年数は約20年。マンションは30~40年で建て替えになることも多いという。…

正社員になりたくない

正社員になったら週に5日、8時間以上、働かないといけない。 ただそれさえ我慢できれば、大金が得られる。月に10万以上はもらえる。それだけだとフルタイムのバイトの方が高くなるが、ボーナスがあるため、年収は200万以上になる。 額が大きすぎてピンとこな…

この生きづらい社会で、32歳まで生きられた

先日、32歳になった。 今までで一番苦しい誕生日だった。数日前から「自分はこの先、ただ劣化して朽ちていくのだ」という不安に何度も押し潰されそうになった。 一口に「劣化」といっても漠然としている。目に見える体の劣化と向き合う内に、心が参ってくる…

酒と飲み会が嫌いだ

僕は酒が好きではない。嘔吐をイメージしてしまうからだ。 高校1年の頃、通学中に道端で戻しているスーツのおじさんを目撃した。前日に飲みすぎたのだろうか。病気によるものでない。吐いているものが酒なのでわかる。 その他、醜態を晒している酔っぱらいを…

規則正しい生活は不可能である

間もなく32歳になるが、ずっと体調が悪い。 ここ最近ではなく、思春期以降ずっと悪い気がする。特に悪くなったのは25歳ぐらいからだ。そのたびに規則正しい生活に戻す。早寝早起き、1日3食。最初はきついが、やがて慣れる。体調も良くなっていく。 だがそう…

女になりたい時がある

女性に憧れ、女性のようになりたいと思う。 思春期の頃から、女性への憧れが募り、自分が女の子になる物語を書いてはドキドキした。平安時代に書かれた『とりかへばや物語』や、山中恒『おれがあいつであいつがおれで』といった男女入れ替わりの話を読むのが…

恋人がいる人は宇宙人

僕は異性と付き合ったことがない。その経験がある人を特別視する。宇宙人ではないかと思う。 普通に暮らしていて、恋人ができるなどあり得ないと思うからだ。学生であれば勉強、卒業すれば仕事が日々のメインになるが、そのどこに異性が入ってくるのか理解で…

女男男の真ん中っ子2 ~僕だけが実家ぐらしの理由~

(画像は本文とは関係ありません) 本稿は下記の記事を補うもので、小説で言えばサイドストーリーに当たる。 僕の姉と弟は自活している。僕だけが実家ぐらしで親のすねをかじり続けている。理由はある。 まず姉はきょうだいの中でただ1人の女だ。実家には居…

ポスティング初日と挨拶嫌い

6月某日。ポスティングA社の研修。スタッフが付いてきた。効率的な配り方などを教えてもらい、30分ぐらいで終了。残りはひとりで配った。担当地区は400戸ぐらいで、計2時間半ほどで終えた。以前にメール便を配っていた地域だったから、この程度で済んだ。知…

僕がポスティングの仕事を始めた理由

チラシ配布員に採用された。バイトではなく業務委託、時給ではなく歩合制だ。これで僕も個人事業主。 個人事業主になるのは初めてではない。大学卒業間際に始めたメール便の配達も同じ形態だった。この仕事は3年間続けた。3年で辞めたのは、飽きたのと、もっ…

無職という罪

19日以降、更新がないがどうしたのかと君は言う。 特にどうもしないよ。書くことがなかっただけだ。無職で応募もせず、ネットと読書で暮らしていた。なぜ応募しないのかって、やりたい仕事がひとつもなかったからだよ。なぜ求人というのは、どれもこれも絶対…

働くことで不安から逃れようともがく

先日面接に行った短期バイトは不採用だった。 ホッとした。採用されると9時から18時まで拘束される。それを考えると憂鬱だったので、落ちてほしいと思っていた。 無職が心地いいとは思っていない。仕事がある方が心が安定する。無職は楽だけど、常に「こんな…

バイトの面接に行って、働く意味を考えた

短期バイトの面接に行ってきた。 仕事はデータ入力。5日間だけの勤務だが、履歴書に加えて職務経歴書の提出まで求められた。面接も、志望動機から経歴まで深く突っ込まれた。タイピングのスキルチェックもあった。仕事の内容には興味がない。データ入力は比…

無職の一日

今日もだるい。 相変わらず無職だけど、半年ノラクラしたら、ようやく働きたくなってきたよ。お金がほしくなってきたんだ。お金がないので近所をウロウロする日々を送ってきたんだけど、いよいよウンザリしてきた。 毎日どんな風に過ごしているか知りたいと…

これから大人になる君へ(30代フリーターより)

幼児から大人まで、ひとりひとりに話しかけてみた。 自分に関係がありそうなところだけでも、読んでもらえたら嬉しい。 *** これから幼稚園に入る君へ。 クラスにはきっと嫌な子がいる。でも君が嫌だ嫌だと言ったところで、その子はいなくならない。仕方…

暗黒の人生にはなり得ない

今の自分の心身が正常だとは思えない。 いつも頭がボンヤリしていて、物事を深く考えられない。考えようとしても頭が動かなくてもどかしい。そのもどかしい状態を続けると、不安症状が現れる。 だから私はしょっちゅう歩いている。歩いてさえいれば気が紛れ…

とある30代フリーターの学生時代

「大卒で正社員歴なし、31歳まで無目的のフリーター。いったいどんな学生時代を過ごしたの?」 こんなことを尋ねられたことがある。誰に言われたんだっけな……。 *** 私は高校時代から大学に行きたかった。大学で勉強がしたかった。高校1年の頃から、進路…

男の子のケンカを見て、教育について考えた

先日、近所の住宅街を散歩していましたら、小学2年生ぐらいの男の子が友達に向かって何かを泣き叫んで主張しています。耳を覆いたくなるような音量のがなり声です。横目で見ながら通過したのですが、路地を曲がっても、100メートル離れてもなお悲痛な叫びが…

働きたくない理由

3か月半ぶりに労働をした。 ポスター、卓上カレンダー、カードなどをひたすら袋に入れていく仕事で、長期ではなく1日だけ。労働時間は6時間半。昼に45分の休憩があったが、それ以外は立ちっぱなし。途中で腹筋と腰が痛くなり、辛かった。 ここ1か月ぐらい、…

万物は流転する。私も土地もその中にいる。

昼ご飯を食べていたら胸の真ん中が痛くなりました。子供の頃からよく起こるため「またか」という感じです。病院に行こうか迷いつつ、散歩に出ました。 歩きながら、今日で死ぬと考えました。私はしょっちゅうそういう心境になるので、それほど深刻ではありま…

ニュースタート事務局について思うこと

ニュースタート事務局の設立者・二神能基氏の「なぜ3万ほしいの?」という問いが頭から離れません。詳しくは知りたい方は先の記事をお読みください。 お金はほしいに決まっているじゃないか、と思うのです。 お金があれば行きたいところに快適に行ける。お金…

図書館ひきこもり高校時代 ―思い出の所沢―

2002年秋、高校2年の私は完全に不登校になりました。 翌2003年4月から2005年3月までの2年間は、通信制高校の生徒でした。 通学は日曜のみ。週に5日、近所にある所沢市立図書館に通っていました。 アルバイトはほとんどしませんでした。 高校の課題などは少な…

子どもの頃から体調が悪かったし、病気におびえていた

「少し具合が悪いと思ったら病院へ」 というのが現代の常識になっています。 でも、そんなことしていたらキリがないと思うんです。 少なくとも私の場合はそうです。 子供の頃から常にどこか具合が悪いです。 小学校3年の頃から、心臓の痛みと動悸が起こるよ…

不幸な読書青年をつくってはなりません

私は高校時代、学校に行けませんでした。不登校生徒です。 学校があまりにも嫌だったからです。 嫌で嫌で耐えられませんでした。 それで学校に行かずに、毎日近所の図書館で本を読んでいました。 社会は学校に通う生徒を是とします。 学校に通わない生徒は非…

実家暮らしだから無職が長引いてしまう?

無職になって2か月が経ちました。 先日、タウンワークで見つけた求人に2件ほど応募しました。 共にネット応募です。 1件は返信がありましたが、やっぱりやりたくないと思ったので断りました。 もう1件は返事が来ませんでした。(でも今週も同じ求人広告が載…

自営より雇われのがいいんじゃないか

前記事に続いて、雇われか自営かの話です。 どちらであろうと、 人から頼まれたことを遂行してお金がもらえるという構造は同じなので、 大した違いはないように思います。 むしろ、自営よりは雇われのがいいんじゃないか。 職場に気が合う人がいれば、つまら…

会社員でも自営業でも、どちらでもいい

会社員でも自営業でも、どちらでもいいです。 問題の根本はそこではありません。 アルバイトや派遣で働いてきて、楽しかったことがありません。 小さな自営として、せどり・転売、ライティング等をやってみましたが、 少し稼げたものの、面白くありません。 …

明るくなったら起きて、暗くなったら寝る。その間に何をするか。

朝は4時や5時に起きる。空が白み始める頃に起きる感じ。 で、夜は早めに寝る。暗くなったら寝るぐらいでいいと思う。 20時ぐらいかな。 こんな風に暮らしたいと思っています。 なぜそうしたいかというと、明るい時間が好きだからです。 私はお日様のあたたか…

仕事にはいい面もあると思っている

求人に応募することが大の苦手で、無職が長引いてしまう。 ようやく仕事を始めても、すぐに辞めてしまう。 そんな人間ですが、仕事にはいい面もあると思っています。 まず規則正しい生活ができるようになります。 起きる時間、食事の時間、寝る時間、すべて…

映画館に行こうとしてやめた話

『この世界の片隅に』という映画が人気です。 観てみたいと思って映画館に向かったのですが、途中で帰ってきてしまいました。 そもそも、どうしても観たいわけではないのです。 予告編を観る限り、そこまで観たいと思えない。 ただ、評判がいいから観てみた…


スポンサードリンク