30代で実家ぐらし、仕事が続かない男の日々

1985年生まれの31歳。埼玉在住。基本無職、たまに働く男の日々を綴っていきます。ラブライブとビートルズと西武ライオンズが好き。

なぜ不登校になったか。きっかけは教師の一言だったかもしれない。


スポンサードリンク

高校時代、なぜ不登校になったか。

 

入学して間もなく、健康診断がありました。

教室前の廊下で、クラス担任の教師を先頭に列をつくり、保健室に向かいます。

 

その途中で、担任教師がクラスメイトのK君に

「4組の生徒たちを呼んできて」

と頼みました(私たちは3組でした)。

 

でもK君、4組の教室への道がわからず戻ってきてしまいました。

入学してすぐなので、仕方がないことかと思います。

でもその時、担任がつぶやいたんです。

 

「使えねえな」

 

って。

 

私にはこれが非常に納得いきませんでした。

言われた本人ではありませんが、

 

「生徒はあんたの部下じゃない」

 

と強い反発を覚えました。

 

これで不登校になったわけではありません。

しかし、このできごとを境に、

高校に不信感を抱くようになっていきました。

 


スポンサードリンク