30代で実家ぐらし、仕事が続かない男の日々

1985年生まれの31歳。埼玉在住。基本無職、たまに働く男の日々を綴っていきます。ラブライブとビートルズと西武ライオンズが好き。

無職という罪


スポンサードリンク

f:id:agiru64:20170528210459j:plain

19日以降、更新がないがどうしたのかと君は言う。

 

特にどうもしないよ。書くことがなかっただけだ。無職で応募もせず、ネットと読書で暮らしていた。なぜ応募しないのかって、やりたい仕事がひとつもなかったからだよ。なぜ求人というのは、どれもこれも絶対に応募したくないものばかりなんだろう。採用されたら苦痛が待っている案件に電話するのが辛い。

 

でもお金がないし、ダラダラするのも嫌になったから、以前働いたことのある職場に電話した。求人広告で見つけたからで、10日ほど前のことだ。そうしたら「今は選考中なので、採用の場合は来週中に電話する」とのことだった。

 

電話はかかってこなかった。また不採用だ。

 

僕にはどの仕事も懲役のように思える。会社は通いの刑務所だ。何の罪かはわからない。わからないけれども、無職でいると「お前は罪人だ」と責められている感じがする。この感じから逃れるには働くことだ。働くことで解放される。世界中がこの空気で覆われているのか、日本特有のものなのか、僕の中で特有のことなのかは知らない。

 

いずれにしても早く解放されたい。解放された先が刑務所というのが嫌で先延ばしにしてしまうのだが。刑務所通いに慣れることができれば、晴れて無罪の人として生きられる。僕に有罪だの無罪だのと突きつけてくる奴は誰なのか。

 

***

 

話は変わる。

同じマンションに住んでいる男についてだ。45歳ぐらいで独身の実家ぐらし。親はもう80過ぎだそうだ。単発や短期の派遣で働いて過ごしている。以前職場が同じになったことから仲良くなった。その仕事はとうの昔に終わったから、今はもう別々の暮らしをしている。

 

ところが最近しょっちゅう出会う。週に3度会ったこともあった。散歩に出るたびに会うような感じで、鬱陶しい。「こんにちは」で済めばまだいいのだが(それでも邪魔だが)、こいつは散歩にもついてくる。「ちょっと歩こう」とか言って。30分はザラで、1時間に及んだこともあった。実際のところ、月に数回ぐらいしか会わないのだが、僕の方は散歩に出るたびに会うんじゃないかと警戒しているので、いつも会っている感覚だ。

 

会うたびに「仕事どう?」などと聞いてくる。そんなにコロコロ状況が変わるわけないだろ。先週無職だったなら、今週も無職だ。この人は毎日違う職場に行くような人なので感覚が違う。疲れる。○○がいいよ、××は辛いよなどと職場の情報を提供してくる。聞いてないのに。

 

今の家に住み始めて十数年。近所に知り合いができたことで散歩さえ落ち着いてできなくなった。引っ越すしかないのか……。僕の場合、それは親からの自立を意味する。

 

***

 

この男から離れるためにも働くことがいいのだろう。散歩するたびに会うというのは、僕の散歩の頻度が高いせいもある(向こうもなかなかの暇人だと思うが)。仕事で家をあければ、会わずに済む。休みの日には遠出しよう。あいつが絶対いないところに出かけて、羽を伸ばそう。その交通費を捻出するために働こうと思う。


スポンサードリンク
 

スポンサードリンク