30代で実家ぐらし、仕事が続かない男の日々

1985年生まれの31歳。埼玉在住。基本無職、たまに働く男の日々を綴っていきます。ラブライブとビートルズと西武ライオンズが好き。

女になりたい時がある


スポンサードリンク

f:id:agiru64:20170805024635j:plain

女性に憧れ、女性のようになりたいと思う。

 

思春期の頃から、女性への憧れが募り、自分が女の子になる物語を書いてはドキドキした。平安時代に書かれた『とりかへばや物語』や、山中恒『おれがあいつであいつがおれで』といった男女入れ替わりの話を読むのが好きだった。

とりかえばや物語 (文春文庫 た 3-51)

とりかえばや物語 (文春文庫 た 3-51)

 
おれがあいつであいつがおれで(角川つばさ文庫)

おれがあいつであいつがおれで(角川つばさ文庫)

 

  

『アンネの日記』を読んで真似をした。自分の日記帳に名前をつけて親友とし、その子に語りかけるように書いた。僕は少女として書き、親友である日記帳も少女として扱った。

増補新訂版 アンネの日記 (文春文庫)

増補新訂版 アンネの日記 (文春文庫)

 

 

『若草物語』『赤毛のアン』『小公女』といった少女小説を愛読したが、男性として恋をするのではなく、少女や女性になったつもりで浸っていた。

若草物語 (角川文庫)

若草物語 (角川文庫)

  • 作者: L・M・オルコット,朝倉めぐみ,吉田勝江
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/11/22
  • メディア: 文庫
  • 購入: 3人 クリック: 9回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 

この気分のピークは高校時代で、大学入学あたりから薄れ出し、卒業の頃にはほとんど消えた。

 

ただ女性化願望はなくなっていない。昨年公開されて大ヒットした映画『君の名は。』などはドンピシャで、三葉になれる瀧がうらやましかった。

君の名は。

君の名は。

 

 

 

***

 

でも心から女性になりたいわけではない。しばしば願望が起きるが、自分自身で満たしてやると収まる。すると単なる嗜好に過ぎないのだろうか。なお、僕は異性愛者である。

 

***

 

女子トイレをうらやましく思うことがある。

 

僕は男子トイレに並ぶ小便器で用を足すことができない。横一列に並んで用を足す男たちを見るたびに、よくあんな無防備な姿を晒せるものだと不思議に思う。後ろからは排泄したものが丸見えで、音まで丸聞こえだ。その様子にいつも不快感を覚えながら、個室に向かう。

 

鍵をしめて洋式便座に腰を掛け、ようやく用を足すことができる。少し前までは、耳栓をしないとできなかった。人の気配や物音だけで緊張してしまって出なくなる。最近になっておおよそ克服できたが、精神状態や環境によっては未だにダメ。ポケットにはいつも耳栓をしのばせている。自宅でも同じ有様なので、家族がいる時は苦労している。

 

こんなだから、立ち小便をしながら横の人とおしゃべりするなんて信じられない。中学までは僕もできたのだが、高校でできなくなった。思えば、不登校になった時期と重なる。

 

一方、女子トイレはすべて個室だ。更に排泄の音さえ隠そうとする。小便器であけっぴろげに用を足す男たちとは雲泥の差だ。僕のトイレに対する感覚は、女性のものに近い気がする。僕が女だったら、男子トイレで感じている複雑な気持ちは解消される。

 

***

 

ファッション面での憧れもある。

 

女性はスカートが穿けていいなと思う。僕は自室でよくスカートを穿く。中学生の頃から、隠れて穿くようになった。穿くと女性のように優しくなれた感じがして心が浮き立つ。

 

スカートだけではない。薄いピンクやかわいい花柄などがあしらわれた、いかにも女性らしい柄の服を身につけると、女性が持つ穏やかさを内面に取り込めたような気持ちになって、夢を見ているような心地よさに浸れる。

 

でも、バッチリ女装して街を歩きたいという欲求はない。人に女性として見られたいわけではないからだ。自分自身と遊ぶのが楽しいだけなのだ。鏡に映る女装の自分を見ているうちに、女性と2人でいるような気持ちになってきて、ドキドキする。これが快感でやめられない。

 

***

 

女装のことはさておき。

 

男の下半身の服はズボン限定だが、女はズボンかスカートか選べる。男には最初から選択肢がないのだ。いつも残念で悔しい。

 

スカートは買いやすくていいなと思う。ズボンは必ず丈を詰める必要があるので、再び来店しないといけない。ところがスカートは好みの丈のものを選ぶだけだ。その場で穿いて帰ることだってできる。

 

どちらも穿き心地を確かめることは必須だが、肌への密着度は断然ズボンの方が上だ。伸縮性や動きやすさなど、確かめなければいけないポイントはズボンの方が多い。

 

あと、女性といえば化粧だ。手間はかかるものの、別人に変身できるのがうらやましい。男でも化粧する人はいるが、奇異の目で見られることは避けられない。

 

***

 

このように、女性になりたいとまでは思わないが、どこかうらやましく思って生きている。

 

スタンダードな男性の異性愛者は、女性を他者として求め、得ようとする。ところが僕の場合は、女性を自分の中に取り込むことで満たそうとするところがある。自分が女性になってしまえば、女性が欲しいという欲求が満たされると考えるのだ。

 

こんな風だから、異性と付き合うことと無縁なのだろうか。

 

 

【関連記事】


スポンサードリンク
 

スポンサードリンク