30代で実家ぐらし、仕事が続かない男の日々

1985年生まれの32歳。働くことが苦痛すぎて耐えられず、無職と短時間労働をくり返す男の日々を綴っていきます。現在は週2でポスティングをやっています。

僕は就活ができない


スポンサードリンク

f:id:agiru64:20180209232707j:plain

僕は就職活動というものをほとんどしたことがない。そもそも会社員になりたいと思ったことがない。

 

中学時代の夢は歴史研究者だった。高校に入ると僧侶になりたいと思った。不登校になり、本を読みあさっているうちに、仏教と出会ったのがきっかけだった。寺の坐禅会に通い、阿弥陀仏の救いを信じて念仏を唱える高校生だった。

 

それで大学の仏教学部に進学した。ところが勉強は退屈で、先生方にも人としての魅力が感じられなかった(先生方は僧侶でもあるので、かなり失望した)。

 

そこで2年に上がる時に西洋哲学専攻に転じ、研究者になる道を考えた。しかし卒業論文の作成で嫌気が差してしまった。研究は僕がしたいことではなかったのだ。

 

こうして、なりたい職業がなくなった。

 

***

 

自己分析をいくらやっても「働きたくない」という結論しか出なかった。企業の説明会に行ってもまったく興味が持てない。なるべく働かずに生きたいという思いしかなかった。僕の望みは、ただのんびり暮らすことだった。親も何も言わなかったので、進路未定のまま卒業した。

 

「友人が次々に内定を決めていくのに、自分は内定なしでつらい」みたいな話をよく聞く。でも僕は当時も今も、そんな気持ちを抱いたことがない。僕は人の目をとても気にする人間だが、働くことに関しては「誰が何と言おうと就職したくない」という強い思いを持っていた。学生時代に体験したアルバイトのすべてが苦痛でしかなかったからだ。

 

卒業後はメール便の配達をやった。すべての仕事が嫌だったが、親が「月に3万、家に入れろ」と命じてきたので、仕方なく少しだけ働くことになった。この仕事にしたのは、出社不要だったからだ。これなら会社嫌いの僕でも何とかなると考えた。週6日労働だったが、1日2時間で終わるので勤まった。

 

結局3年働いて退職した。続いて郵便局で配達の仕事に就いた。ここでふと「正社員になろう」という世間並みの目標を持ったのだが、社内で酷い目に遭って終わった。詳細は下記の記事に書いた。

 

*** 

 

29歳の時、焦り覚えた。「今を逃したら一生就職できず後悔する」と思い、若者正社員チャレンジ事業というものに応募した。しかし1社受けただけで終わり。どうにも向いていないのだ。そもそも応募することができない。

 

僕は会社員生活には苦痛しかないと思っている。それでどうして応募できるだろうか。

 

働くしか選択肢がないのであれば、とにかく最小限にとどめたい。ところが正社員となれば、週5日・毎日8時間以上働かされる。そんな生活は絶対に嫌だ。だから僕は就職活動ができない。

 

就職なんてしなくても生きられる。少なくとも僕は32歳まで生きられた。もし今年死んでも、就職せずに9年間生きられたのだから良かったと思う。


スポンサードリンク
 

スポンサードリンク