30代で実家ぐらし、仕事が続かない男の日々

1985年生まれの33歳。働くことが苦痛すぎて耐えられず、無職と短時間労働をくり返しています。日記(note)→https://goo.gl/Jrkznz

男の下着・女の下着


スポンサードリンク

f:id:agiru64:20180427015000j:plain

僕はブリーフ派だ。

 

それなのに、近頃の男性用下着売り場ときたらボクサーブリーフだらけ。僕にはボクサーの良さがわからない。太ももまで布があるのが嫌なのだ。あくまでビキニ型のブリーフがいい。

 

従来のブリーフは格好悪いとされる。ググってみると、特に女性の評判が悪い。股間が強調されるのが「無理」だとか(余談ながら、僕はこの「無理」という言葉が非常に引っかかる。言うのは必ず女性だ。「生理的に無理」という言葉を男性から聞いたことがない)。

 

「気になっていた男の下着がブリーフだったので冷めました」とかいう話もある。そんなことで冷める好意なんてあり得るのか。くだらなすぎて何も言いたくない。

 

別に下着は異性に見せるために穿いているわけではない。自分が好きなものを選べばいいのだ。

 

だいたい、ブリーフといってもいろいろある。白のホームベース型しか知らないで「ブリーフが嫌い」では話にならない。

 

色なんて黒やグレーやピンクなどいくらでもあるし、ストライプ柄だってある。布の面積だって、下腹部を覆わないものから、へそが隠れるものまで様々だ。

 

しかし、くりかえしになるが、男性用下着売り場にはブリーフなどほとんどない。今やボクサーブリーフ一強だ。なんて芸がないのかと悲しくなる。

 

***

 

一方、女性の下着は違う。種類が無限にある。どれもこれもカワイイし美しい。見惚れるようなデザインが多い。こんなものを着けて暮らせたら楽しいだろうなあ、と憧れる。

 

僕には女性用下着を穿いて暮らしたい欲求がある。実際に所持もしているのだが、たまに身につけて、少し堪能したらすぐタンスにしまう。男性の体に合わせてつくられているわけではないから、穿き心地が良くないのだ。日常的に着用し続ける気になれない。

 

ググってみたら、レースや花柄など、女性用下着のような魅力的なデザインの男性用下着を取り扱う通販サイトがあった。

 

これもアリかなとは思った。でもどうしても形が崩れる。男性器を収める部分が僕の美意識に沿わないのだ。これがあることによって穿き心地もよくなるのだが、代償として格好悪くなる。

 

女性物→デザインに心ときめくが、体には合わない。

男性物→体には合うが、デザインがつまらない。

女性物のような男性物→体に合うが、形に不満が残る。

 

迷うところだ。

 

現状は普通に男性用下着を穿いているわけだが、これには実家暮らしだからという理由もある。たまに穿く女性物は、家族には内緒だから風呂で洗濯している。

 

一人暮らしならこんな気遣いはいらない。シェアハウスなど共同生活なら、恥ずかしくて干せないから、男物を穿き続けるだろう。

 

穿く下着は、生活形態でも変わる。下着ひとつで、いろいろ考えることがある。

 

***

 

男女の下着についてはラジオでも語ったことがある。興味を持った方は聴いてみてほしい。


スポンサードリンク
 

スポンサードリンク