30代で実家ぐらし、仕事が続かない男の日々

1985年生まれの32歳。働くことが苦痛すぎて耐えられず、無職と短時間労働をくり返す男の日々を綴っていきます。ポスティングをやめて無職になりました。

会社員になれなかっただけの無職


スポンサードリンク

f:id:agiru64:20180519010805j:plain

会社に勤めず、すごいことをやる人がいる。社会不適合者界隈とでも言うのだろうか。phaさん、山奥ニートさん、えらいてんちょうさん、プロ奢ラレヤーさん等々。

 

僕も会社に勤めていない。会社が無理でやめた。

 

でもそれだけなのだ。僕は会社員をやれなかっただけの無職なのだ。

 

起業する気など起きない。致命的なのが、人と接するのが苦手という点だ。人に会うと疲れてしまう。ひとりになって空を仰ぐと心が落ち着く。

 

僕は弱いから、人に助けてもらわないと生きられないのに、人と会うのがしんどくてひとりにばかりなってしまう。

 

***

 

会社員ができなくて会社をおこす人、店を開く人、小屋で暮らす人、農家になる人、旅に出る人、いろいろいる。

 

僕はどれでもない。それらになる気力がない。ただ何もせずに暮らしていきたい。僕の願いは、ただ穏やかに暮らすこと。

 

お祭りもボードゲーム大会もいらない。大勢でワイワイしたくない。ひとり草むらで、風に吹かれてお茶を飲みたい。

 

***

 

ある人は言う、「好きなことをしろ」。僕の好きなことは、しなければならないこと以外のすべてだ。拘束されていない時間そのものが好きなのだ。

 

またある人は言う、「つらいことはやめろ」。僕は仕事がつらいからやめた。その結果、老いた親にお金をせびる無職になってしまった。これはこれで苦しい。

 

どうしたらいいのだろう。

 

***

 

今日も朝まで眠れなかった。外はすでに明るく、鳥の鳴き声が響いていた。この時間に活動を始められたらなあと思う。

 

たとえば大回り乗車をしに行く。朝日を浴びながら、車窓を見るともなく見てボーッとするのだ。

 

連なる山々、田んぼのあぜ道、自転車通学の中高生……。

 

でも今は出かける元気もない。近所を小一時間散歩するほかは家にいて、インターネットに埋もれて過ごしている。

 

今は無気力期だ。しんどい時期だ。しっかりと休んで、活動期が来たらあちこち出かけたい。そしていろいろ書きたい。


スポンサードリンク
 

スポンサードリンク