30代で実家ぐらし、仕事が続かない男の日々

1985年生まれの33歳。働けない、稼げない、人と接するのが苦手、実家ぐらしが苦しい。noteで1日1記事投稿しています→https://goo.gl/Jrkznz

夏の日中は出歩きたくないのに


スポンサードリンク

f:id:agiru64:20190810071749j:plain

運転免許の更新に行かないといけない。

 

9月20日までに警察署に行く必要がある。僕は夏の日中には出歩かないようにしている。だから夜に行くことにしよう。熱中症が怖いから。

 

ところが、そうはいかない。更新手続きは日中にしかやっていないのだ。受付時間は午前8時30分から午後3時30分まで。何ということだ。夏の日中に行くしかないではないか。どうしたものか。

 

警察署は自宅から自転車で15分ぐらいかかる。真夏の日中に15分も自転車に乗ったら、熱中症になってしまうかもしれない。

 

電車とバスを使おうか。いや、駅やバス停までの移動中に熱中症になる危険性がある。熱中症を確実に阻止したいのであれば、自宅前にタクシーを呼ぶしかない。

 

タクシーだと片道1200円ぐらいかかりそうだ。往復2400円。そんなお金はない。あったとしても、お金のかけすぎだ。9月20日までに涼しい日があればいいのだが。

 

免許の更新は誕生日の1ヶ月前から1ヶ月後までにすることになっている。僕は8月20日生まれだから、7月20日から9月20日の間だ。全期間が夏である。何ということだ。

 

子供時代、誕生日で損をしたと感じることはほとんどなかったのに、大人になってそう感じる事態が生じてしまった。

 

なお、免許取得から10年経ったが1度も運転したことがない。完全なペーパードライバーだ。

 

***

 

【関連記事】

 

【誕生日記念ポルカ実施中】

https://polca.jp/projects/BevgJmdP3Mv

34歳まで生きられた自分を祝いたい。

 

【筆者の活動】

購読者限定日記:https://note.mu/agimuse/m/m473817a36ecb

ツイッター:https://twitter.com/agimuse

ラジオ:あぎるラジオ - YouTube


スポンサードリンク
 

スポンサードリンク