30代で実家ぐらし、仕事が続かない男の日々

1985年生まれの33歳。働けない、稼げない、人と接するのが苦手、実家ぐらしが苦しい。noteで1日1記事投稿しています→https://goo.gl/Jrkznz

ひきこもりと深夜マック


スポンサードリンク

f:id:agiru64:20190902065649j:plain

深夜2時30分、マクドナルド着。自宅から自転車で10分。店内はガラガラ。100円のドリンクを頼み、一番奥の席に座る。

 

英語の勉強を進めた。教材は「English Grammar In Use」。半年前から使っている英文法の本だ。1時間ほどして退店。

 

なかなかリラックスできた。自室から出ないほうが楽ではある。しかし時には出たほうがいい。親がいる家では、どうしても気が休まらないからだ。

 

自室はあるが、ドア1枚で共用スペースになる。僕が自室で出す音は筒抜けと言っていい。特に親がトイレや洗面所にいる時は、話の内容さえ聞き取られてしまう。

 

別にそれで叱られることはないが、知られたくないから黙る。英語の音読など、それでしょっちゅう中断している。ツイキャスをいつも外で配信しているのも、これが主な理由だ。

 

夜中や早朝など「まだ起きているのか」と叱られるのではないかとビクビクしている。タイピングやマウスのクリック音にも気を使う。ペンの芯を出す音さえ響かぬように注意している。

 

外なら、こういう気遣いから解放される。外は外でストレスがあるが、それは親への気遣いとは違う種類のストレスだ。家に居続けるのもしんどいし、いつも外にいるのもしんどい。適度に出かけて、適度な楽を求めていきたい。

 

【筆者の活動】

日記:https://note.mu/agimuse/m/m473817a36ecb

ツイッター:https://twitter.com/agimuse

ラジオ:あぎるラジオ - YouTube


スポンサードリンク
 

スポンサードリンク