30代で実家ぐらし、仕事が続かない男の日々(あぎるブログ)

1985年生まれの34歳。働けない、稼げない、人と接するのがつらい。noteで日記を公開している→https://goo.gl/Jrkznz

僕は渋谷ハロウィンを肯定する


スポンサードリンク

f:id:agiru64:20191101232139j:plain

僕は渋谷ハロウィンを肯定する。あの無秩序なのがいい。10月31日の渋谷では、ドレスコードが消え失せる。狂った格好が許される。

 

コスプレ大会とは違う。コスプレ大会は完成度の高さが求められる。渋谷ハロウィンはそうではない。

 

僕もそれに乗りたいのだ。一度行って、奇妙な格好で歩き回りたい。何しろゾンビや血だらけの仮装者がいる場所だ。あれより奇妙な格好は、しようとしてもできない。

 

僕は静けさを好む。だからあのような人の多い、騒々しい空間はきつい。でも人が多くて騒がしいからこそ、羽目を外せるのだ。人混みと騒音は、羽目を外すためには不可欠なのだ。

 

また決して友人・知人とは行かない。そういう者がいては、普段の自分を忘れることができない。

 

あのクレイジーな群衆の中を、クレイジーな格好をして、一人で歩き回りたい。

 

僕は渋谷ハロウィンに期待している。人間にはガス抜きが必要だ。でも既存の祭りではガス抜きができない。昔からある祭りは衣装、太鼓の叩き方、山車の引き方、神輿のかつぎ方、踊り方など、全部決まっている。伝統の通りにやらないといけない。

 

こういう祭りは美しくはあるが、ガス抜き効果は薄い。でも渋谷ハロウィンは違う。好きな格好で歩くだけでいい。普段着でもいい。あの場に行くだけで参加したことになる。そういう祭りはなかなかない(既存の祭りは見物者になれても参加者になるのは難しい)。

 

渋谷ハロウィン。様々な問題点があって嫌う人も多いが、何とか続いていってほしい。

 

【筆者の活動】

日記:https://note.mu/agimuse/m/m473817a36ecb

ツイッター:https://twitter.com/agimuse

ラジオ:あぎるラジオ - YouTube


スポンサードリンク
 

スポンサードリンク