30代で実家ぐらし、仕事が続かない男の日々(あぎるブログ)

1985年生まれの34歳。働けない、稼げない、人と接するのがつらい。noteで日記を公開している→https://goo.gl/Jrkznz

スカートを穿きたい男性の思い


スポンサードリンク

f:id:agiru64:20191118185620j:plain

スカートを穿いて生活したい。

 

街でスカートの女性を見かけるたびにうらやましくなってしまう(特に丈の長いヒラヒラ・フワフワしたものにときめく)。でも僕は男性で、男性はスカートを穿かないことになっている。だから僕がスカートを穿いて生活することは難しい。

 

スカートを穿いて生活することは可能だ。警察に捕まることもない。ただ変人扱いされることは避けられない。衣服の股が分かれているかいないかで人生が変わってしまう。女性はズボンかスカートか、気分によって決められるのに。

 

以前、スカート姿で授業をする大学教授が話題になった。男性がスカートを穿いて働くだけでニュースになってしまうのだ。

 

***

 

僕は自分の部屋でスカートを穿く。ズボンからスカートに着替えると、解放されたと感じる。穏やかな気持ちになる。スカートは激しい動きに向いていない衣服なので、攻撃性が抑制されるのかもしれない。

 

スカートを穿くと心が静まっていく。優しい気持ちになっていく。そしてそういう自分自身が愛おしくなっていく。スカートを穿くと幸せな気持ちになる。

 

しかしその姿で外に出れば、幸せは吹き飛んでしまうだろう。散歩に出かけても、周囲の目を気にしてしまって、景色を楽しむどころではなくなるはずだ。

 

子供に「わー、あのおじさんスカート穿いてる~!」と叫ばれたり、大人にひそひそ話をされたりする覚悟は決めないといけない。仮に誰も気にしていなくても、自分が気にしてしまう。スカートを穿くことで大きな喜びを得られるだろうが、その代償も大きい。

 

僕は今、実家暮らしだ。姉も近所に住んでいる。彼らの前でスカート生活をすることは、僕にはできない。また僕の住む街は郊外だ。変人が少ない。この街でスカートを穿いて暮らしたら、たちまち有名人になってしまう。

 

僕は心も環境も、穏やかであることを好む。だからこそスカートが感じさせてくれる優しさに憧れるのだ。ところが僕は男性で、男性がスカートを穿いて生活したら、心も周囲も騒がしくなってしまう。

 

でも僕は、いつかはやらねばならぬと思っている。何だか戦いのようになってしまうのは不本意だが、この社会で、男性がスカートを穿いて生きようとすれば、それを免れることはできない。

 

【筆者の活動】

日記:https://note.mu/agimuse/m/m473817a36ecb

ツイッター:https://twitter.com/agimuse

ラジオ:あぎるラジオ - YouTube


スポンサードリンク
 

スポンサードリンク